研修旅行(?)

 名古屋のど真ん中で毎週行われている朝市。ずっと前から誘われていたのですが、ぐだぐだしているうちに呼ばれなくなり、そうなると気になるので見学に行ってきました。立派な有機野菜がかなりお買い得な値段で並んでおりました。
e0182430_18053886.jpg

 参加者一覧の冊子を貰ったのですが、三重県中南部の方々は出店しなくなったようでした。さすがに遠すぎるのか・・・。


 と、こちらはさらりと流しておいて、今回の名古屋行の目的はもう一つあります。
e0182430_18054791.jpg
 日進市の宗教公園「五色園」ツアー!

 左がガイド役のフリーライター大竹敏之さん。右はゲストで作家の宮田珠己さん。
 大竹さん曰く「写真オッケー、どんどん拡散してください」とのことでしたが、宮田さんはシャイな感じだったので後ろ姿にしておきます。

 60haというとんでもなく広い敷地内に、鉄筋コンクリート造の人形で親鸞聖人に関する逸話が再現されています(宗教と無関係の像もあります)。
 その中でも私が個人的に気に入ったのが、まずは農家らしくこちら。
e0182430_18055192.jpg
 田んぼらしさを出すために湧水を引いていたら、都市部では貴重な湿地になったというオチが好きです。

 もうひとつはこちら
e0182430_18055407.jpg
 山野での厳しい修行を表現するため、あえて人の近づきにくい所へ立てているらしいです。

 この日は秘仏の御開帳もありました。
e0182430_18055705.jpg
 中身は伏せておきます。


 修復活動や見学会が開かれているようなので、参加したら見ることが出来るかもしれません。リンク貼っておきます。浅野祥雲.com

 大竹さん、宮田さん、参加者の皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

 

 

 



[PR]

# by hyakusyo-mikan | 2018-02-09 18:49 | 視察等旅行

謹賀新年 2018(平成30)年

 新年明けましておめでとうございます。
e0182430_10174986.jpg
 昨年は着花不足と台風で、温州ミカンが残念なことになりました。
 全国的にも不作だったらしく、首都圏では小売値がずいぶん高かったと聞きました。
 今年は昨年より着花はいいと思いますが、台風に関しては不明です。2年続けてやられると辛いので、2、3年間を空けてくれると助かるのですが・・・。

 この産地をみる限り、農家とミカン樹の高齢化ダブルパンチで、とくに早生温州は極端に少なくなっています。農家の高齢化については樹園地ごと若者に貸し出すことで対処できても、樹の高齢化については植え替えるしかなく、一年生作物とは違ってすぐにフル稼働するものでもないので、しばらくは不足気味のまま続きそうな予感がします。

 しかしミカン農家がこんなことを言うのも何ですが、食べ物が余りまくっている今の日本で、果物のひとつが少々足りなくなったところで生存のためんは痛くも痒くもないだろうと。だから日本全体のことはあまり考える必要はなくて、我が家としてはうちのミカンを喜んで食べてくださる皆様にきちんとお届け出来ればそれで良く、本年の目標とする次第であります。

なお写真は本文とは特に関係なく、大紀町(旧紀勢町)錦=熊野の北東端 の風景です。神武天皇上陸の伝説があるそうです。


[PR]

# by hyakusyo-mikan | 2018-01-05 20:18 | 季節の話題(人文系)

今日から師走

 今年はお客様にはご迷惑をおかけしております。もともと裏年だったところに台風も来まして、かなりのミカンに深々と傷がつきました。
 一見大丈夫そうに見えるミカンも
 

e0182430_08522042.jpg
 採ってしばらくするとこんな感じになるので怖くて出せません。

 しかも今年はミカンの色づきが異常に遅く、加工用に採ろうとしても相変わらず青々して酸っぱいまま。
 通常ならばこの時期、早生ミカンの収穫と配送で大忙しの日々なのですが、今年は台風の片づけなどで暇なことはないにしても「追われる」という感じではなくなっています。

 そんな折、11月23日の「霜月の祷」という新嘗祭で、風邪を召された祷屋さんの突然のピンチヒッターでコスプレをしました。
e0182430_08530831.jpg
 お役目は社殿内で座っているだけ。普段着のセーターの上から来ているので寒くないです。烏帽子も倉庫に忘れて来たらしく「無しでええわ」ということで寝ぐせでボサボサの頭のままでした。ずいぶん大雑把な感じですが「続けることに意味がある」という有難いお言葉を頂きました。

 なかなかに貴重な機会でしたが、例年どおりミカン採りをしていたら当日神社へ行くこともなく、区役員でなければ声がかかることも無く、偶然が重なってやることの出来たお勤めでした。

[PR]

# by hyakusyo-mikan | 2017-12-01 20:56 | 季節の話題(人文系)

2017年台風第21号

  近所の川が溢れたようです。
e0182430_18394157.jpg
  

  我が家
e0182430_18392967.jpg
e0182430_18393705.jpg
e0182430_18393439.jpg
  その他、床下浸水と雨漏りが少々。

  2011年第12号よりはましでしたが、このところずっと雨続きだったので、結構な水量でした。
  思ったより風が強かったです。
  雨漏りは雨戸を閉め忘れた!ので自業自得か。

  新宮市街では床上浸水もあった模様です。
  
  
  

[PR]

# by hyakusyo-mikan | 2017-10-23 18:55 | 季節の話題(人文系)

水びたしの国

 前回の記事から一か月。書くことはあるけど写真がないなあ~とずるずる先延ばしにしていましたが、気になって仕方がないので文字だけで更新します(私にはinstagramは出来そうにありません)。
 市場出荷の極早生ミカンは、この長雨で収穫、販売ともに停滞気味です。さらに台風により採果一旦停止ということで、〆がいつもより10日以上遅くなるのではないかと思います。
 せっかく前回の台風の傷が癒えてきたところですが、こんどの台風で残りのミカンも傷だらけになり腐り始めることと思います。とは言え、これまでに6~7割は出荷して出して最悪の事態は免れたし、果実については諦めるのも、精神衛生上必要かもしれません。ただ、樹が倒れたり園地が流されたりする甚大な被害がないことを祈ります。
 それより早生ミカンが今年は・・・な出来で、どのように対処するか悩む毎日です。



[PR]

# by hyakusyo-mikan | 2017-10-21 14:34 | みかんの作業